公園で拾ってきたどんぐりを使って工作をしました

子どもと一緒に公園へ行ったときに、たくさんのどんぐりを見つけて拾ってきました。
どんぐり拾いは昔から好きで、本当にたくさん拾いました。

家に帰って、バケツにドングリを入れて、水で洗いましたよ。
すると、結構な量のドングリが浮いてきました。

浮いてくるものは、虫食いだったりひび割れがあったりするから潔く捨てましょうとネットに書いてあるのをみたので、惜しい気持ちはありましたが、捨てました。
そして、残りのドングリを天日干しした後、一週間以上冷凍庫で保存しました。
冷凍保存するか、煮沸するとドングリの中にいる虫や微生物が死ぬと聞いたのでやりました。

そしていよいよ、ドングリを使うことができました。
紙皿と折り紙を使ってクリスマスリースを作ろうと思い、まずは紙皿に緑色や黄緑色の折り紙をちぎって貼ってもらいました。
次に、リボンやドングリをボンドで貼り付けです。

集中してやっていましたよ。
面白かったようで、何よりです。
かわいいリースが出来上がり、子どもも満足気でした。

ゴミ屋敷を作らないようにするためにはどうすれば

ゴミをその都度捨てる、ということがまずは何より大事になりますから、ゴミ屋敷を作らないようにする、ということにおいてはまずはそれを考えるようにしましょう。しかし、そもそも物を捨てることに抵抗がある人もいます。そこをどうにか習慣としてかえる、ということを意識するようにしたほうがよいでしょう。ちなみにゴミ部屋は小さい部屋であるからそうなってしまうと理解している人が多いのですが、綺麗な人は普通に小さい部屋であろうとも綺麗です。習慣とか気質の問題であり、別に部屋の大きさ、屋敷の広さということが問題になるわけではないです。それが絶対条件ではありませんから、注意しておきましょう。常に綺麗にする、という意識を持つことです。では、どうしてそんな状態になるのか、といいますとそれはその都度、行動しないからであるといえるでしょう。或いはどうしてもできないのであれば業者に任せるということもあるでしょう。それなりに稼いでいるのであれば、これはよい選択肢であるといえるでしょう。アイフル 振込先